■ ザイルの切り口の処理方法

ザイルは、切りっぱなしだと切り口がほつれてしまいます。
ザイルを切る際は、以下のように切り口の処理をして下さい。
 

1.ザイルの切りたい所にセロハンテープを巻きます。
 

2.しっかり巻いたテープの真ん中を切ります。
 

3.切り口がほつれない様にそれぞれ端を処理します。
 

4.切り口にライターの火を近づけて表面を溶かします。
(火傷にご注意下さい!)

5.溶けている切り口を素早くライターの腹に押し付けます。

6.約3秒待って離します。
これで切り口がまとまります。
 

 ■ ザイルの結び方(本結び)

スタンダードなザイルの結び方を2種類ご説明致しますので、ご参考になさって下さい。

■ 本結び(その1)

1.ザイルを写真のような形にして下さい。


2.後ろから片方のザイルを輪に通します。


3.通したザイルを輪の下にくぐらせ再び輪の中に戻します。


4.写真のような形になります。


5.結び目や長さの調節をして丁度よい所を決めます。


6.結び目の場所を決めたらザイルの両端を引っ張ります。

■ 本結び(その2)

1.ザイルを写真のような形にして下さい。


2.後ろから片方のザイルを輪に通します。


3.通したザイルを輪の下にくぐらせます。


4.くぐらせたザイルを輪の上にまわして、そのザイルで出来た輪の中に入れます。

5.写真のような形になります。

6.結ぶ所や長さの調節をして決めたら両端を引っ張ります。


【ザイルについて注意】

ザイルは消耗品です!
長く摩擦を受けたり、傷がついたりするとそこが弱くなり突然切れてしまう可能性がございます。

ザイルをご使用の際には、ザイルに傷等ないか、ザイルを取付ける箇所にザイルを傷つけるようなバリ等ないか必ずご確認下さい。
傷がついたザイルは危険ですので直ちに使用を中止して、新しいザイルにお取り替え下さい。

カテゴリーから探す

モバイルショップ

ハンモックの室内設置方法

カテゴリーから探す